HOME > 協会概要 > 協会規約
Content メインメニュー

協会規約

浜松日仏文化協会会則

(名称)
第1条 この会は、浜松日仏文化協会(Association Culturelle Franco-Japonaise de Hamamatsu)と称する。
(目的)
第2条 この会は、日仏の文化交流と会員相互の親睦を図るとともに、日本、フランス両国の相互理解に資することを目的とする。
(事業)
第3条 この協会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. (1)日仏文化交流に関する事業
  2. (2)その他目的を達成するために必要な事業
(会員)
第4条 1 この協会は、次に掲げる会員をもって組織する。
  1. (1)正会員・・・個人の資格で入会するもの
  2. (2)法人会員・・・法人、団体等の資格で入会するもの
2 本協会に入会を希望するものは、会員の推薦により、入会申込書を提出の上、理事会の承認を経て会員となることができる。
3 正会員にならびに法人会員については、各種イベント、講座、研究会等の会員割引を受けることができる。
(退会)
第5条 本協会を退会しようとする会員は、その理由を付した退会届を会長宛に提出しなければならない。
(役員)
第6条 この協会には、次の役員を置く。
  1. 名誉会長 1名
  2. 会長 1名
  3. 副会長 1〜2名
  4. 理事 若干名
  5. 監事 2名
(役員の選任)
第7条 1 会長は、理事の中から理事会が推薦し、総会において選任する。
2 副会長は、理事の互選により選ばれたものに、会長か委嘱する。
3 理事は、正会員の中から総会において選出する。
4 監事は、正会員の中から総会において選出する。但し、他の役員を兼ねることはできない。
(役員の任期)
第8条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
(名誉会長・顧問)
第9条 この協会に名誉会長及び顧問を置くことができる。
(会議)
第10条 1 会議は、総会及び理事会とする。
2 総会及び理事会は、会長が招集し、その議長になる。
3 総会は年1回開催とするが、会長が必要と認めたときは臨時総会を開催することができる。
4 理事会は必要に応じて開催する。
(定足数及び議決)
第11条 1 総会は、正会員の過半数の出席で成立する。
2 総会の議事は、出席者の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは議長が決する。
(事務局)
第12条 協会の事務局は、浜松市中区板屋町518に置く。
(会費)
第13条 1 協会の運営は会費をもってこれに充てる。
2 前項の会費は年会費とし、次のとおりとする。
  1. (1)正会員 3,000円
  2. (2)法人会員 15,000円
(決算)
第14条 収支決算は、各年度末に監事の監査を経て、総会の承認を受けなければならない。
(会計年度)
第15条 本協会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。
(会則の変更)
第16条 この会則を変更する場合は、総会において、出席者の3分の2以上の議決を経なければならない。
---附則---
  この会則は、2003年7月10日から施行する。
この会則は、2012年6月24日から施行する。(改定)